正直逆援助交際しかないっす

正直逆援助交際しかないっす

もうココまで来たら、開き直るしか無いってくらいに追い詰められていた俺ですので、はっきり言ってもうこれほどの状態に持ち込まれるってのが面倒だったのである。意味がわからないという人は、じつは幸せな人なんである。何しろ、俺ってばそもそも恋愛関係ってことが面倒だと思っちゃうような男だったのである。俺は、デートとかプレゼントとかっていう面倒な駆け引きがそもそも嫌だったおちうわけなのだ。だからこそ、俺は肉体関係に速攻で移行しようとして先を焦ってしまい、それだけの相手を見つけることが非常に面倒になって上手くイカなくなるのである。俺は、それならばとナンパで、そっこうでセックスをしてくれる相手を探そうとしていたわけであるが、それが難しいということになるのであれば、どうしたらいいのかわからなくなってしまう。正直、風俗にいく金とかもないのだから、それが非常に難しかったのだ。それであるがゆえに、俺は出会い系で逆援助交際の美女を求めたのだが、これがばっちりだったということになるのである。というわけで、めくるめく日々が始まった。

逆援助交際のパワー

素晴らしい。俺の目の前に現れたのは、非常に美女。まるで、北乃きいみたいな美女だったのである。これほどまでの相手なら、と俺が勃起すると、その俺のちんこを速攻でディープスロートしちゃうくらいのスケベでもあるわけなのだ。そこで、俺はカノジョへのお返しとばかりにそのクリをちゅうちゅうとすってやって、その上で指を突っ込んで子宮の入り口をつついてやると、カノジョは絶叫して噴水を上げて昇天するのだった。

タグ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。


»
«