なんだかんだで逆援助交際

なんだかんだで逆援助交際

という訳だから、俺はナンパに精をあげていたあのころにおさらばを告げたってわけなんである。だって、はっきり言って俺ってばその手の相手を見つけるということに血道をあげていたあの頃。その手の相手ってのは、正直すぐにやらせてくれる女のことだ。ナンパでそういう相手を見つけようとしていたのであるが、これが間違いのもとであった。何しろ、俺ってばその手の相手を見つけるということがどんだけ難しいか思い知ったというわけなんである。どういうことかと言うと、そもそも、そんなことが見た目でわかるわけでは無いし、それを見極めるには相当の眼力が必要という、そういう訳なんである。しかし、どちらもリアルには無いおれにとって、正直もう風俗しかないというくらいになっていた。しかし、風俗では金がかかり過ぎるというのを忘れていた。じゃあ、どうしたらいいのかと思いあぐねてたどり着いたのは出会い系で逆援助交際相手を募集しちゃおうっていうことなんである。俺は、そんなこんなで評判の出会い系掲示板サイトに募集告知を出したのである。

すばらしい逆援助交際がきた

俺の募集に答えてくれたのが、何と吉高由里子似の絶世の美女だったわけである。しかも、Eカップのもみがいのあるバストの持ち主だった。その上で、めちゃくちゃスケベだったから恐れ入る。何しろ、彼女はホテルの部屋に入るなりに、俺のズボンを下ろしては俺のチンコをくわえてディープスロートを始めちゃうのである。俺は、それに負けじと彼女のクリの皮を向いて芯をちゅうちゅうしてやると、彼女も絶叫しだしたから、二人でオーラルで昇天した。

タグ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。


»
«